日本航空(JAL)の国際線をキャンセル待ちして乗れる確率は時期や行き先によって変わりますが、GWやお盆、夏休み、年末年始や週末などは混雑するため平日に比べ確率は低くなります。

 ただ、ツアーの空きや急な変更なども十分あるため航空会社と下記の各旅行代理店の両方を探すと情報が更新される深夜に空席が空いたりするケースもあるようです。(座席によって航空会社枠と旅行代理店枠があるので)

スポンサーリンク

JALの国際線は1日1便のところは確率は低い。

大型連休は最初から会社が確実に休みというところも多く、なおかつ1日1往復しかしないところが多い国際線なら当然確率は他の路線に比べ低くなります。国内線なら臨時便とか出ますが、アメリカやヨーロッパなどは時間もかかるため、どんなに遅くとも2ヶ月前には航空券やホテルを予約しておきたいもの。中には半年前から予約してしまう人もいるので、大型連休の国際線予約はかなり厳しいかと思います。

 また、日本航空の場合会員によって優先順位があるので上級会員ほど優先的にキャンセル待ちで乗れる確率が上がるので、普段ジャルを利用しない人はこちらにある他の航空会社やツアーで海外旅行に行く選択肢を用意した方が現実的な選択かと思います。

 

どうしてもJALで行きたい人はどうすれば良いか?

確率を少しでも上げるにはいくつか方法があります。

1.キャンセル料がかかる時期を狙って空席が空くのを待つ
2.こちらにある各旅行代理店を深夜に毎日回って検索する。
3.日程をずらす
4.時間帯をずらず
5.日本航空公式ホームページにあるキャンセル待ちサービスにも登録しておく。(こちら

などいくつか方法はあります。

 ただ、1日1便ならせいぜい300人しか運べませんから、人気の海外旅行先なら第2候補、第3候補の旅行先なども検討しながらJALの空席状況を常にチェックしておくほうが無難です。

  航空券やツアーで先に日本航空の飛行機を予約した人達は、キャンセル料金がかからない時期まで別の安い商品を検索しているということはよくあるかと思うので、そういった時期を狙って空席予約してしまうのもありでしょう。

 最近はLCCなども飛んでいるので、そういった別の航空会社を狙ったり、次の大型連休を予約してしまうなど様々な選択肢を検討してみましょう。

スキーの最新情報と上達に役立つ情報の受け取りはこちら

photo credit: listingslab Night ski slalom FIS: 29 & 30 Dec at the Planards via photopin (license)

最新のスキー情報と上達に役立つ情報をお届けするメールマガジン「スキーが上達する練習方法」の無料メールマガジン購読はこちらです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう