GWや夏休み、お盆、クリスマスや年末年始など日本航空の国内線は大型連休、2、3連休になると特に混雑します。その結果、キャンセル待ちが発生するわけですが、飛行機には航空会社と旅行代理店の「枠」があるので、詳しくは下記の取扱店で空席状況を比較してみてください。

このページではそんな経験者の体験談やこれからキャンセル待ちをするかどうかを検討している人の情報交換場所になればと思っていますので、下記のコメント欄にて経験談をお待ちししています。

スポンサーリンク

キャンセル待ちするべきかどうか悩む場合、どのような選択肢があるか。

飛行機のキャンセル待ちにはいくつか選択肢があります。

1.空港に行って整理券をもらう。(まずはカウンターに行く)
2.インターネットのJALホームページで受け付け
3.リアルタイムでこちらにある旅行代理店でも検索していく。

こういった方法があります。

 旅行代理店での検索する理由としては、ツアーの空きまたは旅行代理店枠が予め設定されているので航空会社と旅行代理店の両方から空席を確認してくという手法の方がより確実に早く座席を確保できると思うからです。

 また、別の手段としては以下のような方法もあります。

国内の場合、他の交通手段を検討する。

国内線であれば新幹線やJRを利用するといった方法もあり、時間に余裕のある人は長距離バスという方法もあるでしょう。

空港周辺で1泊して次の日に出発する。

こちらにある直前宿泊予約サイトなどで空港周辺のホテルを予約して次の日にまた空港でキャンセル待ちを狙うという方法もあります。

深夜0時のアップデート時を狙う。

何かの旅行裏技的なブログで見かけましたが、深夜の0時だったか、2時に航空会社のデータが更新されるという話を見たことがあります。空席の最新情報はこの深夜に更新されることが多く、空席の速報が見れるわけです。

 この時間帯を狙って飛行機を予約するというのも1つの方法です。

あえて国内を経由していく

これは航空券代金が高額になりますし、実行する人はほとんどいないと思いますが、「どうしても今日中に現地に行かないと行けない」「絶対明日出社しないといけない」という人限定かと思います。

 例えば札幌に今日中に帰らないといけない人は羽田や関空などあらゆる場所から札幌行きの飛行機が運航しています。新幹線やLCCで空港に移動して北海道に移動するといった方法もありますし、東京なら全国各地どこでも運行されているので選択肢が広いでしょう。

 東京なら羽田や成田でなくても静岡、埼玉県、茨城県などまで飛行機で移動して、そこからJRを利用して帰省することができるはずです。

ツアーや航空券のキャンセル料金発生の時期を狙う

これはまだ出発まで1ヶ月以上余裕のある人向けの情報ですが、ツアーや飛行機は予め半年先でも予約してしまうという人が結構います。そして、より安い航空券やツアーが出たら予約していたチケットやツアーをキャンセルするという人もいます。

 特にキャンセル料金が発生しやすい出発1ヶ月前は一斉にツアーや航空券のキャンセルが出る時期でもあるので、こういった時期に大型連休の飛行機を予約してしまうという方法もアリでしょう。

1ヶ月前、2週間前に発表される臨時便を狙う。

日本航空など各航空会社はいかに満席にするかということを考えています。空席が出ればその分売り上げが減るわけで、それを回避するために調整する人がいるわけですが、キャンセル待ちの人数から臨時便を追加することがよくあります。

 時期的には1ヶ月前、2週間前が毎回多いかと肌感覚で覚えてますが、大型連休のこの時期に臨時便を各航空会社で発表するはずなので、その便をすぐ予約して座席を確保するという方法もあるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、ザックリとしたキャンセル待ちの話でしたが、まだ出発まで余裕がある方、明日、明後日の直前予約を検討している方もこちらで航空券を取扱っているのでいろいろ検索して見ることをおすすめします。

 エクスペディアなんかは航空券の手数料無料なので、こちらもおすすめです。

最新情報はこちら

ツイッターにてスキー、ブログ運営ノウハウ、ビジネスなどブログの新着情報や独自ノウハウを呟いてます。フェイスブックはロボットが新着情報を掲載する時期を決めるので、3日後に流れたりして問題も多いのでツイッターで見ることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう