さて、今回の「ブログで稼ぐ方法」はブログで自由になれる人と、なれない人の違いについて書きたいと思います。

多くの人は自分がシステムの一部なので独立しても自由になれない。その理由を知ることが第1歩。」でも簡単に書きましたが、多くの人は私を含め従業員の世界または自営業出身の人なのでブログで自動でお金を発生させるビジネスシステムを作っても自由になれない人は多いです。

その理由を解説します。

スポンサーリンク

ブログを作っても多くの人が自由になれない理由

まず結論から言いますが、ブログやアフィリエイトをやっても自由になれない人が多いのは

1.コンテンツのコンセプト
2.SEOにおけるキーワード選定がそもそも間違っている。

のです。

具体的に解説すると以下の通りです。

コンテンツのコンセプトがそもそも自由になれない分野

例えばこのブログのトップページにあるスキーニュース。

はい、もうおわかりですね。(苦笑)

ニュースという分野は常に最新情報を世界中から探さないといけないので24時間インターネットとにらめっこしないといけないんです。つまり、ニュース系のサイトは常に更新し続けることで価値が出るので、更新ありきの状況に陥ります。(ただ、メリットもあって特ダネを見つけた場合は被リンクが手に入るので個人的にやってるわけです)

また、ブロガーにファンがいる場合は日記自体の新規投稿を待つ人も多いので、これもあまり自由になれないでしょう。また、競合が多い通販系なども検索順位が落ちやすいので、メンテナンスも大変になります。

ではどういった分野を選べば良いのか?

ポイントがいくつかあるのでまとめておきます。

自由時間が増えるブログの特徴
1.需要があって供給が少ない分野
2.新しい新産業

具体的な実例を言うと、怪我をした時の日記などは割とライバルが少ないです。

例えば私はマラソンで膝を怪我したことがあるのですが、ブログを書くためにわざわざ痛い思いをしてまで怪我をしようとする人はいません。この時点でライバルが減りますし、そもそもブログを構築する人もいないので、ずっと検索結果の上位を独占して包帯とかテーピングが売れているのです。(薬事法に違反しない書き方が前提となりますので医療関係の記事は注意しましょう。)

また、需要と供給の関係を調べることもでき、検索結果で上位表示させたいキーワードを予め検索しておくことも重要です。狙い目としては

・co.jpなど企業が参入していないこと
・公的機関が参入していないこと
・人気サイトでないこと

の3つが目安です。

例えば「〇〇+通販」というキーワードで検索すると楽天市場やヤフーショッピングが上位表示するかと思います。こういった分野はそもそも勝つ見込みもないので勝負しないほうが賢い選択となります。

あと、新産業ですがこれも1つの成功法則でプロブロガーさんなんかはよく取り入れます。

例えば仮想通貨なんかは最近出てきたジャンルで、一時期は書いただけで儲けるなんて時代もありました。アフィリエイトで年収1億を超えたプロブロガー、イケダハヤトさんなんかは、ブログタイトルまで変えて仮想通貨中心のアフィリエイトを展開しまくってますよね。

こういった新しいジャンルをブログに取り込むのも1つのテクニックと言えます。

うちのブログが専門サイトのようで雑記ブログスタイルにしているのはこういった狙いもあるのです。

自由になれるブログ運営の仕方とは?

上記ではライバルがいない分野、新産業と書きました。

また、もう1つ付け加えるとすれば

「更新する必要のないコンテンツを用意する」

ことです。

このことは下記の書籍で詳しく書いてますが、要は「時代に左右されないコンテンツ作り」がとても重要になってきます。

このブログも最新情報を提供しつつ、時代に左右されないコンテンツを沢山日々生産しています。

コツを言うのであれば

「1つの記事で完結できること」

であり、検索ユーザーが困った時にうちの1ページを見て問題解決するようなコンテンツをきちんと用意すると読者は満足してくれたり、誰かに口コミで教えてくれるのです。

そういったコンテンツをきちんと用意できるかどうかで、1日の時間がかなり変わって来るのです。

更新頻度が少なくなれば他のことに時間を使うことができるので、本当にやりたいことを実現できる人生に近づいていく可能性が高まるのです。

最新情報はこちら

ツイッターにてスキー、ブログ運営ノウハウ、ビジネスなどブログの新着情報や独自ノウハウを呟いてます。フェイスブックはロボットが新着情報を掲載する時期を決めるので、3日後に流れたりして問題も多いのでツイッターで見ることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう