ブログが1番リスクが少なく儲かる投資商品である理由。

お金を稼ぐ・増やす方法

この記事を書いているのは2018年11月ですが、今のところブログが最も費用対効果の高い投資と言えます。最近はプロブロガーのイケダハヤト氏が「ブログはオワコン」とか言ってますが、ブログ記事を書いておくと

ブログのメリット
1.記事を書きためることができるので、上位表示できなかった記事を有料化にして販売できる。(電子書籍化)

2.ノウハウ系なら高額でも売れる。

といったことができるので、仮にブログがダメになっても現実社会でのお金を稼ぐノウハウやマーケティング、経営論などを書籍化できるので、私はブログを書き続けています。

 そしてブログは無料または月額1000円以下で続けることができるので、維持費が安すぎて小学生でも経営ができる媒体(メディア)でもあります。別の言い方をすれば

「維持費がほとんどかからないので、利益しか発生しないような世界。お金を失うことがほとんどなく、顧客まで集められる業界」

なので今後も私はこのブログに膨大なノウハウや知識・経験を書いていくことでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログは1記事で10万稼ぐことなんて当たり前。けどみんなやらない理由

最近は1アクセスで10万円近く稼ぐなーんていう現象も起きつつあり、先日ツイッターでもお知らせしています。

とまあ、こんな感じでこのブログもまた資産化していきそうなので、お金にまつわる話をじゃんじゃん書き続けている次第でございます。

 ですが、多くの人はブログが全然儲からない、アクセスもまったくないという初期段階で諦めていき、先行者利益が保たれます。
 
 このことはお金を稼ぐ・増やす方法からブログ収入アップのノウハウまとめの中で給料は麻薬。お金がすぐ欲しいと思う人はすでに中毒者で成功しない。という記事で詳しく解説しているので、こちらを参照して欲しいのですが、そもそもインターネットは

「怪しい情報を流す人が非常に多い」

ということで、こういった情報を流す人がすぐに諦めていくようグーグルは新規サイトに関して3ヶ月から半年間くらいは一切検索結果に掲載しないようにしています。

 2010年以前は「グーグルハネムーン」というアルゴリズムがあり、ホームページやブログを公開後1ヶ月間検索結果の上位にランクインさせてくれる仕組みもありましたが、これで変なサイトにどんどん利用され悪質なサイトが目立った時期もあります。

 まあ、グーグルは良い情報サイトが集まらないと会社の価値が上がらないため、インターネット黎明期にこのような仕組みを作ってサイト数を増やし、AIに学習させるために行った施策ではないかと思われます。

 話がちょっとそれましたが、要はこういうことなので、ブログやホームページといったものは

「最初の1年は誰も見ないし、稼ぐこともできない」

と思うくらいでちょうど良いと思います。

こういうシステムを導入することで

・ただ儲けることしか考えない人間
・目先のことしか考えない人間

を排除することに成功しているので、ネットの治安を良くするためにもグーグルのアルゴリズムは私たちの生活に深く関わっているのです。

ブログ記事は書けば書くほど当たる確率が上がる。

そしてこうやってバカなブロガーが消えていくシステムになってるので、結果的に賢い人、堅実な人しかネットで生き残れないのでコツコツとブログに役立つ記事を書き続けた人はほぼ自動的に勝つ仕組みになっています。

 問題は

「記事数信仰」

という概念があまりにもまかり通っているということです。

 この原因は昔からあるアクセスアップ系の本の影響がかなり色濃く残ってるからかと思いますが、よくあるブログ初心者の間違いに

「1000記事書きました!」

と自慢げに語る人がいますが、収入が

「100円しか稼げなかった」

という人が実在しました。

  当たり前の話ですが、お金にならない記事を書いてもお金は発生しません。例を出すと、

 「Yahoo!ニュースを見て何か買いましたか?」

ということです。

 ヤフーにはニュースがいっぱいありますが、これを見て何か買ったという人はほとんどいないでしょう。

 こういった売れない記事を量産しても意味がないのです。

 ネットは自分の知らないことを調べる時にアクセスするものですから、いずれは検索サイトは本屋さんのような存在になっていくかと思います。本屋に行けば公務員や大学の問題集もありますし、資格、自己啓発などの本がたくさんあり、人生にプラスになるものばかりあるから人は足を運ぶのです。

 しかも買う気満々の人が多いので、本屋さんを参考にしてブログを作っていくとだいたい当たります。

ただし、多くの人はこれに気づいてるので、何らかの差別化が必要ですし、量をこなすことも結構重要となってきます。

なので、多くの人はブログやアフィリエイトをやるけど、すぐ諦めていくわけです。

文章を書くのは高等技術。大卒が多い理由

会社に就職すると高卒の人がよく言うのですが、

「大学まで行って高卒の人と同じ給料って行く意味なくね?」

という人がいますが、実際の所得は結構差が開いてます。

なぜなら大卒の人の方が文章を書ける人が多いので、ブログでうまくいく人が結構多いからです。

 もちろん学歴に関係なく大卒でもダメな人はいるのですが、全体的にはてなブログなどを見ても分かる通り大卒の方がブロガーに向いているかなと思っています。

 それだけ

「文章をお金に変える」

のは高等技術なのです。

 バットは誰でも振れます。走ることは誰でもできます。

ですが、これで食っていくとなると一気に難しくなるわけです。

 文章も同じで、本を読む経験をしていない人はまずブログで成功することはないのです。

なのでただアクセスアップするのではなく、ブログアフィリエイト本に書いてあるようなノウハウを取り入れないとプロとしてお金を稼ぐことはできません。

まずはきちんとお勉強しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました