韓国旅行でツアーや飛行機をキャンセル待ちして行ける確率

航空券・ツアーキャンセル方法

GWや年末年始、お盆、夏休みなど韓国旅行を計画している人は非常に多いです。このページではそんな韓国旅行でツアーや飛行機をキャンセル待ちしてる人のためにどのくらいの確率で飛行機に乗れるのかを書いてみたいと思います。

 行き方次第では空席もあるので、参考になれば幸いです。なお、韓国旅行の取扱店によっても状況が変わるので詳しくは下記の店舗一覧で確認してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国へのルートは沢山ある。

韓国と言えど、行き先を変更すればいくらでも出てきます。ただし、JTBや日本旅行などのツアー商品には限りがあるので、キャンセル待ちをしてもなかなか空かない可能性は高いでしょう。ですのでツアー希望者で韓国語や英語が苦手な人は個人旅行にオプションでガイドを付けることを検討すればツアーと同じような感じで韓国旅行を楽しめるかと思います。

韓国へ行くルートを検索するとこんなに経由地がある。

直行便は誰もが1番乗りたい飛行機でしょう。

地元の空港からまっすぐ韓国に行けることは時間的にもコスト的にもお得です。ただ、最近は中国や韓国の観光客も増加傾向なので座席に限りがあります。特に大型連休は日本人も殺到するので方法としては

1.韓国の空港を変えて旅先での観光ルートを変更する。
2.経由地を変更して韓国入りする。

といった方法があります。

 特に本州の人は列車で簡単に別の空港から出発することができるので、出発地を変更してみるのも有りでしょう。または経由地を国内にし、例えば札幌で1泊観光してから韓国へ行って東京に帰るといったルートもできるので、LCC(格安航空会社)などをうまく活用して北海道と韓国旅行を組み合わせるといった工夫をすれば大型連休でも予約を取れることがあります。

韓国行きの直行便をくまなく検索すると乗れる確率が上がる。

多くの人は韓国=大韓航空というイメージですが、実は韓国を経由する航空会社は沢山あります。アジアだけでも

日本航空(JAL)、エアプサン、イースター航空、全日空(ANA)、チェジュ航空、エアソウル (Air Seoul)、大韓航空 (Korean Air)
ジンエアー、ピーチ(peach)、アシアナ航空、ティーウェイ(T’way)

があり、その他にもデルタ航空など欧米の国際線が一旦韓国の空港に行ってそれから世界各地に行く飛行機があるので、そういった飛行機の空席予約をして旅行できる確率を増やすという方法もあります。

 その他にはキャンセル料金がかかる頃にツアーや航空券を狙うといった方法もあるので、この頃を狙って韓国旅行に行ける確率を上げておくのも1つの方法でしょう。

 

おすすめの韓国旅行取扱店で調べてみる。

以下のサイトでは韓国へのツアーや格安航空券、ホテルなどを豊富に取扱っています。旅行代理店別にキャンセルが出るケースもあるので、少しでも韓国に行ける確率を上げておきましょう。また、日程を1日ずらしてみるなど空席が出やすい時期を検討するのも1つのやり方です。

参考 韓国へのツアーや航空券の現在の空席・空室を調べる

おすすめ iphoneにブログを読んでもらう方法
検索検索から再びアクセスしたい場合は「お金を稼ぐ・増やす方法 雪王」と打つと出ます。または「記事タイトル 雪王」とかでも出ます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
SNSそれぞれに独自or更新情報提供中!
雪王

お金を稼ぐ・増やす方法をメインにスキー上達法やニュース、読書など日常の経験をブログに備忘録として書いてます。ノウハウや気になることはSNSでも記録してます。

雪王をフォローする
航空券・ツアーキャンセル方法
雪王をフォローする
お金を稼ぐ・増やす方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました