多くの人がお金に困る原因は「継続」ができないから。

お金を稼ぐ・増やす方法

今回の話は常にお金に困っている人、お金に全く困っていない人の特徴を解説します。以下の目次からご覧ください。

こんな人におすすめ
・お金がなかなか貯まらない
・投資や事業がちっとも儲からない
・長年お金に縁がない
・いくら働いても所得が増えない
・メチャクチャ努力しているのにお金にならない
・プロになれない
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お金持ちと貧乏人の決定的な違い

短期的な投資にしろ長期的にしろ、お金という点で成功する人の共通点は

「継続ができる」

ということです。

 また、もう1つ共通しているとすれば

「お金になることを継続している」

ということになります。

 もちろん、先行投資として1年後、2年後に利益が上がる事業を行うこともあるので(ネットとかはまさにそう)、必ずしも「すぐお金になる」というわけではないのですが、結果的にお金になる行動をしているわけです。

 一方貧乏な人はこんな特徴があります。

・すぐお金になるような行動ばかりする(ギャンブルなど)。結果ほとんど儲かっていないか、借金が増えていくばかり。
・「必ず儲かる!」「絶対儲かります!」のような謳い文句の商品に弱い。
・よく騙される。
・コツコツ継続することがとにかく嫌い
・一発逆転が好きな元アスリート出身者

などです。

 学校の勉強とか嫌いな人はこういった傾向がありますが、学校とは考え方の幅を広げるだけでなく、実は忍耐強さを鍛えるところでもあります。テストで点数が取れなくとも、順位を気にせず我慢強く自分のペースで勉強を続けた人は、やはり大人になってからお金に困る人生を歩んでいないことが多いです。

 時には損切りも人生では大事ですが、何か1つでもプロレベルを目指すことはやはり重要と言えます。

 人によっては

「学校は洗脳するところ」

と解釈する人が都市伝説系の人にいますが、こういったメリットもあるのです。

自分の好きなことがわからない人はどうすればいい?

結論から言えば

「お金になって自分がハマっていける業界」

にどっぷり浸かることがお金持ちへの近道なのですが、多くの人のもう1つの大きな問題は

「好きなことが見つからない」

というものです。

 原因はいろいろあるかと思いますが、こういうふうに言う人はそもそも

・いろんなことに挑戦していない
・親の言うことをきちんと守ってきた
・常に褒められるために勉強して学年1位を取ったりして、大人になって何をしていいかわからなくなった
・趣味をに没頭する時間もないし、趣味もない。

という人が肌感覚ですが、多いように見受けられます。

 2008年頃、ジェイコム株の誤発注問題で16分で20億稼いだ当時20代の人がいましたが、彼もよくインタビューで「趣味がない」と答えていましたが、同時に「株オタクなんで」とよく言ってました。

*BNFさんの動画一覧はこちら

彼はジェイコム問題で稼いだ後、筆頭株主になったり、秋葉原で90億円のビルを購入したりしていきましたが、やはり上記に書いた通り

「お金になることに没頭している」

わけです。

 しかも、その辺の人とは違い、きちんと戦略的に行動しています。

 お金を増やしたいとか、成功したいと考えるのであれば、きちんと

「今の自分が行なっている行動はそもそもお金を生んでいるのか?」

という問いを常にしないといけません。

自問自答を繰り返す。

これができるかどうかが経営者や投資家として必要な資質なのです。

貧乏な人は常にお金にならないことばかりしている。

息抜き程度なら問題ないのですが、中に一日中以下のことをしている人がいます。

貧乏な人が好きな行動一覧
・テレビやスマホゲームが大好き
・スポーツばかりしている
・本を読むのが嫌い。というかそもそも本はまったく読まない。
・テレビばかり見ている(どうでも良い芸能ニュースなど)
・遊んでばかり
・ショッピング好き
・長電話が好き
・どうでも良い世間話ばかりを周りとしている。

これらはどれもほとんどお金を生まないですし、むしろ出費がかさみますます貧乏一直線となります。

 スポーツに関しては日本代表レベルなら話は別ですが、オリンピックを目指さないのであれば、基本浪費です。結構維持のためなら良いですが、ただただ友達とスキー場で遊んでばかりとか、サッカーばかりしているとそれもお金持ちになれません。(お金持ちばかりが集まるスポーツ交流会的なイベントなら別です。ゴルフとかにありそうですね。)

 もちろん、上記の消費行為でプロになれる人もいるのですが、ほとんどの人は浪費です。

 こういうことにお金と時間を使うのであれば、お金になる行動にまず変えていくことです。

というかそれ以外に道はありません。

セミナー貧乏も非常に多い。

私が知っている人で儲け話ばかりに手を出す中年の女性がいました。40代後半かなと思います。

 その人は

「あなたも早く仮想通貨やりなさい」
「とっとと会社辞めるべきよ」

とよく言っていましたが、この人はいつもセミナーとかばかりにお金と時間を使って、まったくお金持ちになっていません。

 元々は水商売というか、バーを経営しているのですが、経営不振なのか昼間は介護施設で雇用されて働いて子供も育てているシングルマザーです。

 セミナーばかり通って、現実はどんどんお金に困って、最近は掃除もしなくなったのか玄関も足の踏み場もないくらい汚くなって、本人だけは化粧や服などオシャレになっていくというなんとも不思議な行動をする人でした。

 少なくとも普通の男性なら、一見この人は美人なので「おっ」と思いますが、家の玄関を見たらドン引きするでしょう。

 つまり、この人は表向きは綺麗な女性を維持しようとしているのですが、家の中を見ればわかりますが精神的にあまり落ち着きのある人ではありません。

もし、

「自分の今の行動はお金になってるか?将来豊かになる方向性を歩んでいるか?」

と自問自答する力があれば、かなり方向性が変わるかと思いますが、実態は参考書を買ってきて満足する小学生と同じく、セミナーに行って「やった気分」を味わうだけに留まっているのです。

 これでは現実が変わることはおそらくないでしょう。

この3次元の世界では「行動」が全ての鍵なのです。

あなたの今の行動は豊かな世界に向かってますか?

要はこういうことです。

 あなたの今の行動パターンは大丈夫ですか?

どちらの世界を歩むかはあなたが決めることです。

親でも知人でもありません。

 行動が変われば友人も変わっていくので、

「類は友を呼ぶ」

の真の意味も理解することでしょう。

あなたの今のレベルが周りの友人なのです。

あなたは今どんな友達が周りにいますか?
 

 

 

コメント