時間とお金が欲しいけど、どうやったら手に入るのか?を解説

お金を稼ぐ・増やす方法

このページは自由な時間とお金が欲しい人(アスリートや趣味、夢を叶える人生を送りたい人)がどのようにすれば時間とお金が手に入るのかを解説しています。

こんな人におすすめ
1.とにかく会社を辞めたい。

2.自由に生きていきたい

3.時間とお金がとにかく欲しい人(スポーツ選手や創作活動(芸術)、旅をして生きていきたい人など)

4.好きな場所で働いて、好きな時間だけ働いていくていく方法を探している人

5.子育てをしてるので在宅でお金を稼げる方法を探してる人

6.専業主婦の状態で旦那の給料を超えたい女性

スポンサーリンク
スポンサーリンク

時間とお金を手に入る世界を知ることがまず大事。世の中は4つの世界に分類される。

もう20年以上書店でもベストセラーになっているロバートキヨサキ氏の金持ち父さん貧乏父さんですが、この本の中で世界は4つに分類されることを口すっぱく解説しています。

4つの世界とは?
1.従業員の世界(Eクラドラント):
日本だと85%の人がここに集中し、国は人口の多い雇用者から税金を取っていく。雇用される人は税金が引かれてから給料をもらうことになり、その分安定が手に入るが、自由な時間と所得が最も少ないジャンルとも言える。

2.自営業・専門家の世界(Sクラドラント):

弁護士や医者もここに含まれる。要は自分で経営はするけど、従業員の世界同様自分自身がシステムとなって働いている人たちの世界。サラリーマン時代とは違い、仕事の時間は自分で決められるが、お客さんが減れば収入も連動して減る世界なので、安定感は1番少ないかも。よくあるのが、独立したけどサラリーマン時代より忙しく、休日が全くないという人もいる。日本の場合、ここの人たちは国民年金に依存してるので、これも結構リスクがある。(将来的に合併すると思われるが)

3.ビジネスオーナーの世界(Bクラドラント):

自分が働かなくてもお金が入ってくる人達。彼らは会社や不動産、株式などを所有しており、寝ていても入って仕組み(システム)を持っている。(私はここです)しかも、払う税金は最も少ないので、世間が増税でも節税はいくらでもやろうと思えばいくらでもできてしまう世界。(自営業でも結構できます。知識を必要としますし、場合によっては税務署と言い合いになり、説得するのに時間がかるケースも。私は税務署に領収書とパソコンを持って行き1つ1つ説明すると言って、面倒な奴と思われたのか、スキーも読書も全部経費になってます。ネットは全部経費になってしまうので。)

4.投資家の世界(Iクラドラント):

名前の通り、お金がお金を生む世界。投資家はお金に働かせて稼いでます。

このようになっています。

問題は

・独立したい!
・自由な時間とお金が欲しい!

と思う人が

 EからSに移動してしまうケースです。

 こうなると営業からマーケティング、電話対応、経理など全部自分でやらないといけない、しかも労働時間が毎日15時間以上、土日・祝日もなしとなるケースもあり、サラリーマン時代より激務に陥るという場合があるわけです。

 しかも、独立したらたいていの商売は知名度がないので、顧客獲得に苦労しますし、ビジネスモデルが貧弱ならラーメン屋さんのように

「常に売らないとお金が入ってこない」

という状況になるので、経営がヤバイ方向に向かいます。

 ですが、お金を稼ぐ・増やす方法からブログ収入アップのノウハウまとめに何度も登場するパブロとブルーノの話に出てくるパブロのように戦略的に行動した人は

自動でお金を生み出す仕組みが作れてしまう

わけです。

 

 

ネットは無料から腕試しができる。商売に向いてるかどうかを試すにはネットは最高のテスト場所。独立前に見込み客を集めてしまえ。

お金を稼ぐ・増やす方法からブログ収入アップのノウハウまとめでは無料から試せるブログビジネスを例に紹介していますが、ネットは最初から営業、経理などが分類されています。

 アフィリエイトはその典型例ですが、最初はブログを書くことに集中するだけで良いので、儲かってから税金対策を考えればいいわけです。しかも日本は年20万までは税務申告が不要なので、まずは20万稼げるまではここで腕試ししてみるのが1番安全に独立できるかと思います。

 年収20万稼ぐまでにはマーケティングや顧客獲得などもすでにネット上で完了してるはずですから、税理士になりたいなら税務に関すこと、弁護士や医者(クリニックや病院)なら日常に役立つ法律や医療ん無料アドバイスを先にネット上で公開し、顧客を先に獲得しておくわけです。

 ラーメン屋なら通販で売ってる商品を全部書いていき、ラーメン好きが集まるブログを作るといった感じです。

こうやって独立前に見込み客を集めておけば、あとはブログタイトルに「地名」を入れれば「東京 渋谷 ラーメン」とかで人がどんどん来るので、開店はそれからでも良いわけです。

 しかも、ブログは広告収入も入りますし、医療や法律なら専門書、ラーメン屋ならラーメンの本を売ったり、電子書籍でレシピの出版なども可能でしょう。こうしておくことで独立後に軌道に乗らない時期でも、ネットが生活費を稼ぐのであれば安心して独立できるのではないでしょうか?

 またはネットで得たお金で店舗経営の方は雇われ店長に任せて、ビジネスオーナーとしていきなりスタートもできるかと思います。実際こういったオーナーは多く、まず安定した資産を作って倒産しない状況を作ってから、店舗経営に乗り出すという人が非常に多いのです。

 逆にすぐに潰れる店は、収入源が店舗からしかないので、すぐに閉鎖・撤退に追い込まれるのです。

それだけ開業というのはお金がかかるのです。

 賢い人はサラリーマン時代からネットでまず見込み客を作ってるので、どんな商売でも見込み客を集めることができるブログからまず入ってみてはどうでしょうか?

1日15分くらいの作業時間があれば十分運営は可能なので、通勤時間に記事を作成することも可能ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました