このコーナーではブログノウハウとスキー選手時代の資金調達法の2つに分けて、ブログを使ってどのように稼いでいるのかをまとめています。

・24時間365日スポーツの練習に専念したい方
・年金だけだと不安なので自動でお金が生まれる資産を構築したい方
・独立したい方
・お勤めを継続しつつ、会社の給与以外の副収入が欲しい方
・売り上げや利益、お客さんを増やしたい方
・ブログで稼ぎたい方

こういった考えをお持ちの方は役立つかと思います。

なお、最初に注意点を書いておきますが、

簡単な話ではない

です。

また、推奨できる生き方でもありません。収入がゼロになる可能性もある話です。ただ、本業以外から自動で収入を産む資産(*1)を持つことは、精神的ゆとりはもちろん、高齢になってどこも雇ってくれない時、スポーツ選手であればサポート企業との契約が切れた時の保険にもなるので、1つの情報として知っておくことはこれからの時代とても重要かと思います。

*1資産とはあなたの財布にお金を入れてくれるもの、逆に負債とはあなたの財布からお金を取っていくもの(金持ち父さん貧乏父さんより

なお、このコーナーは一般向けバージョンとアスリートバージョンの2つを平行して運営していきます。気になる人はブックマークまたはツイッター、フェイスブックを購読しておいてください。

スポンサーリンク

ブログで稼ぐ方法

こちらは一般の人向けのアドバイスを書いてます。

ビジネスシステムを作ることが自由への架け橋

1.多くの人は自分がシステムの一部なので独立しても自由になれない。その理由を知ることが第1歩。
2.ブログアフィリエイトで自由になれる人となれない人の違い
3.金持ちはお金のために働かない。
4.ブログで自由になる人の仕事のやり方

SEO対策編

1.Diverの最大のメリットは表示速度。cocoonよりも圧倒的に速かったので購入した。
2.SEOですぐ上位表示しライバル不在の売れるお宝キーワードの探し方

アクセスアップ編

1.お金になるアクセスアップ方法を通販のアマゾンとヤフーから学ぶ。

SNS編

Twitterでフォロワーを増やす方法

1.Twitterが日本語URLを認識せずアイキャッチ画像が反映されないときの解決方法

アフィリエイトテクニック編

1.SEOとアフィリエイトで売れ続けてるブログ記事の書き方とワードプレスの仕組み
2.アフィリエイト収入を増やすブログ記事の書き方
3.グーグルアドセンスに代わる広告。コンテンツマッチした広告を流せるワードプレス戦略
4.ブログカードでアフィリエイト収入を3倍以上にする方法。Pz-LinkCard以外のデザインを採用した理由。

グーグルアドセンス編

1.グーグルアドセンスアカウント停止になっても復活する方法

ワードプレスカスタマイズ編

1.プラグイン不要。1クリックでワードプレスブログ記事で目次表示する方法
2.wordpressの子テーマは表示速度が遅くなる。子テーマ無しでCSSを追加・カスタマイズする方法

スポンサーリンク

スポーツブログで稼ぐ方法〜経験をお金に換える方法〜

なぜインターハイにも国体にも出たことのないスキー選手にスポンサーがついたのか、24時間365日練習に専念できたのかについて解説しています。
1.Sportの意味を英語辞書で調べると「暇」。時間とお金がある人の世界ということを知る。
2.スポンサーを付ける選手とスポンサーを作るスポーツ選手の違い
3.国体にもインターハイにも出ていないスキー選手に大手企業スポンサーが付いた理由
4.スポンサーをつけることと、提携することの最大の違いは収入の安定感
練習はお金になる。
スポンサー探しをするのではなく、企業からオファーが勝手に来る仕組みを作る。
ナショナルチーム(アルペンスキー日本代表)に入る選手は年間600万をスキーに費やす。稼ぐ人は株や不動産と一緒でスポーツを投資商品と考える。
国体予選やインターハイにも出ていないスキー選手に大企業が出資した理由
日本にプロスポーツが少ない理由はお金の勉強をしない選手が多すぎるだけ。
アルバイトをする選手・投資をする選手の違い
トップアスリートとの契約<一般のアスリートの契約がこれから増えるかもしれない理由。
一般のスポーツ選手は用具を使ってどのように稼いでいるか?

スキーの最新情報と上達に役立つ情報の受け取りはこちら

photo credit: listingslab Night ski slalom FIS: 29 & 30 Dec at the Planards via photopin (license)

最新のスキー情報と上達に役立つ情報をお届けするメールマガジン「スキーが上達する練習方法」の無料メールマガジン購読はこちらです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう