日本旅行のツアーや飛行機の空席をキャンセル待ちして乗れる確率

航空券・ツアーキャンセル方法

キャンセル待ちして行ける確率はどのくらいかを書いてみました。皆さんからの経験談もお待ちしております。

空席・ツアーの空き状況
日本旅行公式ホームページ
こちらで最新の情報がわかります。カレンダーに「空席待ち」と表示されているコースで空席待ちを受け付けています。

日本旅行の国内・海外ツアーや飛行機の予約はお盆やGW、年末年始で特に混雑します。ですが、多くの人はどのくらいの確率で空席やツアーのキャンセル待ちで飛行機に乗れるのかを考えます。

結論から言えば、行き先によってマチマチですが競争率が高いため、第2、第3候補を別の旅行代理店で予約しておき、キャンセルが無料の間にキャンセルしてしまうのも1つの手です。

個人的には以下の旅行代理店が安くて豊富なので、いろいろ予約候補を探しておくと便利です。

[getpost id=”159″]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本旅行以外にも豊富なツアーやプランがある。

上記の安い店舗には様々なツアーや航空券が存在しますが、日本旅行以外にもJTBや阪急交通社、DeNAトラベルなんかは人気です。また、エクスペディアは航空券の価格が手数料がないので航空会社と同じ金額で購入できることは有名です。

 そういった人気の旅行代理店で国内や海外旅行先を検索で探すのも1つの方法です。

人気の旅行先は当然空席待ちになる。しかし、空きもある。

ツアーや飛行機の座席に空きが出るタイミングというのが存在します。

 だいたいどこの旅行会社も夜中にデータが更新されるので、深夜0時〜2時が1つの狙い目でしょう。または複数で空き待ちを狙ったりして、すぐに予約するのも1つの手です。

 しかし、ハワイやグアム、上海・香港・北京などの中国、ソウルをはじめとした韓国、東南アジア(シンガポール、タイなど)は移動時間も短く料金も手頃なのでどうしてもこの辺に予約が殺到しがちです。

 ですので、1つ意外な行き先もありかなと思ってます。

アジアより安いヨーロッパを狙ってみる。

一般的に飛行距離が長いほうが航空券は高いです。ですが、時期をずらせばアジアと同じかそれよりも安い料金でヨーロッパまで行けたりします。ちなみに私はハイシーズンのスイス旅行を航空券だけで往復8万円で行けたこともありますし、7泊8日で20万円以下で抑えたこともあります。このときの行き先はチューリッヒ、サンモリッツ、ベルンでした)

 個人旅行になりますが、ツアーを断念すればいくらでも安くできたりするのです。また、どうしても英語や外国語が苦手という人は「行き先の国または街名+日本人通訳」と検索すると、世界各国に在住する日本人が街を案内するサービスもあるので、こういったサービスを使い、

「ツアーではできない、自分の行きたいところに自分のペースで旅行する」

という方法もありでしょう。

 日本からの飛行機はたいてい日本人の添乗員もいますし、あとは現地で通訳を雇えばツアーよりも充実したオリジナルの海外旅行ができる時代なのです。

日本旅行でもしキャンセル待ちで行けた方、どのくらいの人数で待たされたかなどの体験談も下記のコメント欄で受け付けていますので、たくさんの投稿をお待ちしております。

おすすめ iphoneにブログを読んでもらう方法
検索検索から再びアクセスしたい場合は「お金を稼ぐ・増やす方法 雪王」と打つと出ます。または「記事タイトル 雪王」とかでも出ます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
SNSそれぞれに独自or更新情報提供中!
雪王

お金を稼ぐ・増やす方法をメインにスキー上達法やニュース、読書など日常の経験をブログに備忘録として書いてます。ノウハウや気になることはSNSでも記録してます。

雪王をフォローする
航空券・ツアーキャンセル方法
雪王をフォローする
お金を稼ぐ・増やす方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました