ブログを書く時間がないという人は多いはずです。

会社の仕事に追われ、毎日15時間、20時間会社で働いてもう体力もない、やる気もない、早く寝て会社にまた行かないといけない。そういう人もいるでしょう。私も1週間に1度しか更新できないときもありますが、

[list class="ol-circle li-mainbdr main-bc-before"]
  1. 週に1記事でも確実に上位表示し、
  2. 収入も生み
  3. 不労所得が増える
[/list]

という好循環を生むブログ執筆作業を行っています。

ではどうやってこれができるのかを今回は具体的に書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

記事数=アクセス数ではない。経験が最も上位表示する理由。

まず、SEO対策のやり方は以下の記事が参考になります。

時間が成約されている、1日のうち1分も書く時間がないという場合、いかに打率を高めるかということに意識を集中することが大切です。逆に時間が有り余ってもアクセス数もない、アフィリエイト収入もないという人も山のようにいるので、

「執筆作業=収入」

とはならないのです。

10代からオリンピックなどで日本代表クラスになる選手達はそもそも名コーチがいたりするので、練習量をこなしている30代よりも結果を出す場合がよくあります。これは投じた時間が必ずしも成功に結びつくというわけではないことの典型例と言えるでしょう。

ブログにしても同じなのです。

いかにコツ(基本)を掴むか。全てはここにかかってきます。

時間がない場合の更新作業方法。ネタはいくらでも生み出せるし、更新はどこでもできる。

まず時間がない、体力がなくなるとパソコンに向かいたいという気持ちもわかないです。そこで実際にプロブロガーの人達はどのように更新をし、ヒットを飛ばし、なおかつブログを資産化させるのかについて以下のように書いています。

[list class="ol-circle li-accentbdr acc-bc-before"]
  1. 日常からネタを捻り出す
  2. 下書きをいっぱい書いておく
  3. その下書きから書けるものを選択し、更新していく。
  4. 更新は最悪スマホでもできるし、音声記述も可能。
[/list]

特に一部の会社ではスマホに音声でメモしたり、記録する人もいるようです。また、電車内などでは執筆作業は十分可能ですし、通勤時間にタイトルだけ決めてしまうなんてこともできるわけです。

こういった忙しい環境でもお金を生む記事を書きたい人は下記の本にも参考になることが書いてるので、参考にしてみてください。

下書きはかなり有効。あとは1日5分以内の作業を続けるだけ。

ブログは本の執筆とは違いますから、1日5分以内の作業をやれば10日に1記事くらいは公開できるはずです。

世の中にはたった50記事で月10万アクセスを超え、毎月15万くらい稼ぐブログなんてのもありますから、こういった激務の仕事をしている人達の仕事術からブログ運営に役立たせるのも1つの方法でしょう。

他にもアクセスアップやSEO、アフィリエイトに役立つ情報を下記のまとめコーナーに沢山あるので、参考にしてみてください。

最新情報はこちら

ツイッターにてスキー、ブログ運営ノウハウ、ビジネスなどブログの新着情報や独自ノウハウを呟いてます。フェイスブックはロボットが新着情報を掲載する時期を決めるので、3日後に流れたりして問題も多いのでツイッターで見ることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう