このページは全日空(ANA)の航空券を予約した際、打ち間違えて購入してしまった方のための解決する方法をまとめています。以下のような方が対象です。

・名前(スペルミス、苗字(性)と名前が逆、一字違いなど)
・パスポート番号
・性別
・国籍
・人数
・日程(時刻、出発日・到着日)
・電話番号
・座席(通路側・窓側)
・国籍
・メールアドレス
・生年月日
・年齢
・誕生日

これらに該当する方は下記の目次からご覧ください。

購入先にもよるので航空会社で直接予約された方、旅行代理店でホテルと一緒に予約した方など様々かと思いますので、問い合わせ先や変更手数料、高額な請求に対する問題解決などで役立てば幸いです。(下記のコメント欄で体験談もお待ちしています)

なお、もしキャンセルが無料になった場合下記の店舗で購入した方が安いケースもあり、手数料無料のところもあるのでもっと安い航空券を探している方は下記のリンク先も参照してみてください。

おすすめの航空券・ホテル予約サイト一覧はこちら

スポンサーリンク

ANAで打ち間違えた場合、無料で変更できるの?

これは予約した店舗にもよるのでまずは問い合わせるのが1番です。まずは下記の問い合わせ先のページで連絡してみましょう。

旅行代理店で予約した方はこちら

店舗一覧
楽天トラベル、日本旅行、JTB、エクスぺディア、スカイウィンドウ、J-TRIP、スカイチケット、マイナビトラベル、阪急交通社、JALパック、トラベリスト、スカイシー、エアトリ、サプライス、HIS、るるぶトラベル、ヤジキタ、イーツアー

全日空公式ホームページで予約した方はこちら

上記は旅行代理店ですが、以下は全日空公式ホームページとなります。直接購入された方は以下のリンク先を参照してください。

変更/払い戻しはこちら

スポンサーリンク

全日空の規定はどのようになってるか?

ちなみに全日空公式ホームページでは国内線、国際線の名前間違いに関しては以下のように定義しています。

【国内線】搭乗者の名前を変更したいのですが、どうすればよいですか。
搭乗者の名前は変更できません。搭乗者名が違うままでの航空券のご使用はできません。
また、航空券は第三者へ譲渡することはできません。

搭乗者の名前が変更になる場合は、現在の予約を解約のうえ、新たに予約をお取り直しください。

なお航空券を購入済みの場合、予約取り消し(払い戻し)の際に「所定の払戻手数料と取消手数料」がかかります。

払い戻しの詳細は、「変更/払い戻しについて」よりご確認ください。

参照:https://contact-jp.ana.co.jp/app/answers/detail/a_id/705

国際線:
国際線ご利用時は、パスポート名と航空券名が一致しないとご搭乗いただけません。
予約時の氏名入力はパスポート名と完全一致させてください。​予約後にご搭乗者氏名の変更(姓名の順番、スペル修正含む)はできませんので以下の内容にご注意ください。

参照:https://www.ana.co.jp/ja/jp/be1/int/jpn/typing/

国内線にしろ、国際線にしろ名前の間違いは通常搭乗禁止となっています。

ただ、中には飛行機に普通に乗れた、窓口で言ったら乗れたなんてケースもあります。

基本、取扱店ではできるだけお客さんの希望に沿うよう義務化されている。

標準旅行業約款というのが存在し、基本航空券取扱店は以下のように業務を行ってます。

第23条 当社は、旅行者の安全かつ円滑な旅行の実施を確保することに努力し、旅行者に対し次に掲げ
る業務を行います。ただし、当社が旅行者とこれと異なる特約を結んだ場合には、この限りでは
ありません。

(1)旅行者が旅行中旅行サービスを受けることができないおそれがあると認められるときは、
募集型企画旅行契約に従った旅行サービスの提供を確実に受けられるために必要な措置を講
ずること。

(2) 前号の措置を講じたにもかかわらず、契約内容を変更せざるを得ないときは、代替サービ
スの手配を行うこと。この際、旅行日程を変更するときは、変更後の旅行日程が当初の旅行日
程の趣旨にかなうものとなるよう努めること、また、旅行サービスの内容を変更するときは、
変更後の旅行サービスが当初の旅行サービスと同様のものとなるよう努めること等、契約内容
の変更を最小限にとどめるよう努力すること。

ただし、航空券の種類や訂正できないケースもあり、こればかりは予約した契約者と購入先との交渉になります。国民生活センターでも結局、消費者生活センターへの問い合わせを推奨しています。

*参照:名前の登録ミスで、高くついた航空券

うまくいったケース、ダメなケースの例

名前の間違いはよくあることなので、空港カウンターで言ったら訂正してくれたなんてケースもネット上であります。

逆にダメなケースは外資系旅行代理店で、ミスは全て再予約なんてところも。それでも電話などでうまくいったというのもあるので、まずは直接購入先に連絡し、それでもダメなら消費生活センターに問い合わせて解決方法を聞いてみるのも1つの方法かと思います。

スキーの最新情報と上達に役立つ情報の受け取りはこちら

photo credit: listingslab Night ski slalom FIS: 29 & 30 Dec at the Planards via photopin (license)

最新のスキー情報と上達に役立つ情報をお届けするメールマガジン「スキーが上達する練習方法」の無料メールマガジン購読はこちらです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう