支出を下げればリタイア生活は実現しやすい。余った時間でお金を増やした事例

お金を稼ぐ・増やす方法

さて、今回のお金を稼ぐ・増やす方法からブログ収入アップのノウハウまとめ

「できるだけリタイア生活に入り、余った時間で資産を作ってお金を稼ぐ&増やした私の事例」

という内容でブログを書いてみたいと思います。

こんな方におすすめ:
1.できるだけ早く社会から引退して、嫌な仕事を辞め自由に暮らしたい人

2.自営業としてできるだけ早く独立したい人

3.とにかく会社を辞めて生きて生きたい人

こんな人には役立つ情報かもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

生活レベルを下げれば下げるほど、働かなくても良くなり、資産を増やすことができる。

これは私自身の話ですが、大学卒業後私は月々26000円(風呂トイレが同じ場所)の安いアパートに引っ越しました。

 理由は簡単です。

「毎月の生活費8万で暮らせば1日4時間働くだけで済み、余った時間で資産を増やすことができるから」

です。

 リタイア生活が実現できない、または多くの人が朝から晩まで働く理由は

「支出が多すぎるから」

です。

 例を挙げると、住宅や車のローン、家賃、携帯電話代金(スマホ)、食費、酒タバコなどの嗜好品などです。

 こういったものを極限まで下げると生活レベルが下がるので、そんなにきつい仕事をする必要もなく、残った時間で自由に生きていくことができます。

 しかも、使うお金が少ないのですから無駄なことにお金も使わなくなるので、私は資産を増やすことに専念できました。

 最初はフルタイムで働いてましたが、生活費を下げ、ある日上司に

「午前中のパートに切り替えたいです」

と申し出て、私は午後からビジネスオーナーとなる日々を送りました。24歳の頃です。

会社の同僚が朝から晩、最悪深夜の終電まで働く中、同僚たちに「お疲れ〜」と言って12時で退社する日々が始まったのです。

午後から何をしていたのか?

基本的にはウェブサイトを作ってました。

 当時はブログもなく、2002年から海外で始まったくらいの頃なので、ホームベージビルダーというソフトを使って作っていました。そして検索経由のお客さんを増やすべく、いろんなページを大量生産していたわけです。

 ただ、面倒な日は午後からちょっと昼寝したり、本を読んだり、ランニングに出かけたりと全てが自由な午後を送ってました。

お金を稼ぐ・増やす方法からブログ収入アップのノウハウまとめでも書いてますが、ブログはとにかくお金をほとんどかけないで、お金を稼いだり増やしたりできるので、8万円ほどの給料でも十分生活できたわけです。

 しかも飲食店などのリアル社会での経営とは違い、お金自体失うリスクもないので、「お金が増えるか現状維持か」というのがブログ投資の世界なので、あとはお金が増えるだけという状況になってました。

 多くの人はリスクを犯すので、借金をしたり、従業員とトラブルになるなどの問題に悩まされるのです。

私はこの頃から「まもなくロボット社会になる」ということくらいはわかっていたので、ロボット時代のビジネスモデルに変更していました。将来的には経営者は人間ではなく、給与も文句も言わないロボットに投資していくのは確実だからです。

 

半年ほど4時間勤務を続け、本格的なリタイア生活に突入

午前だけの勤務も生活リズムができるので正直続けても良かったのですが、スキー選手としてやり残したことがあったので、結果として朝からトレーニングしたいため会社を辞めました。

 なぜ辞めれたのか?

 半年ほどかけて作ったウェブサイトの事業が軌道に乗ったからです。金額にして独立した最初の月は25万、そのあと30万、40万と増えて、数ヶ月で毎月50万円以上の不労所得となったわけです。

 そして25歳の誕生日当たりから、ネットで食うという生活(ウェブサイトは自分の代わりに働く生活)が始まったわけです。

というわけで、今回は

生活レベルを下げればリタイア生活も早く実現するよ

という話でした。

 家族持ちの人は厳しいかもしれませんが、夫婦共働きで贅沢せず安い家賃のところに住み、資産を作ることは十分可能でしょう。

できるだけ早く会社を辞めたい、自由に生きて生きたい、資産からの収入を増やしたいと思うサラリーマンやアルバイトの人は、まず支出に注目すると独立までの道は早くなると思いますので、生活費を見直してみるのも良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました