ランニング・マラソン用GPS腕時計を取扱店で購入!スポーツジム代節約!

ランニング用GPSウォッチ練習方法

GPS腕時計を買ったのでさっそくレビューしていきたいと思います。なお、このページは以下の人に役に立ちます。

こんな人におすすめ

1.ガーミンGPS腕時計はどこで売っているのか?売っているところを探している人

2.ガーミンの現物が見れるところ(電気屋さん?時計屋?スポーツショップ?)

3.値段が安くなった値下げされた旧モデルの在庫を探している人

4.GPSが付いたフォアアスリートシリーズについて知りたい人

5.外でランニングするとき、現在のスピードがわかる時計を知りたい人

などを知りたい人は下記の目次からどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランニングやマラソン大会で使用するGPSウォッチってそもそも何ができるの?

一言で言うと

「もうスポーツジムに行かなくてもランニングやマラソンが速くなり、外や室内でのトレーニングでも消費カロリーや走行距離、現在のスピード、ゴール予想タイムなど腕時計で全てがわかってしまう」

という優れものです。

しかも数年前(2013年頃)に使っていた、現在走ってるスピードがわかるガーミン910tjxは45000円という価格でしたが、今は2万円以下で同じ機能を兼ね備えてるので、これ1つあれば毎月の5000円、1万円のスポーツジム代を節約できるので簡単に時計代金の元が取れます。

おかげで数年前にスポーツジムを解約し、全て外や室内練習のみでマラソントレーニングが可能となってます。

ランニング用GPS腕時計でできることまとめ

上記でも説明しましたが、他にもいろんな多機能ぶりを発揮してくれるのがGPS腕時計の特徴です。ざっと挙げるとこんな感じです。

1.普通の腕時計機能
2.現在走っているスピードを表示(ほぼリアルタイムで計算されて表示される。km/hではなく、キロ何分で走っているかという表示
3.1km刻みのラップをバイブレーションで知らせてくれる。
4.走ったデータをクラウド(ガーミン公式)にアップされ記録に残って分析もできる。
5.ピッチの回数(5秒または10秒間隔で記録)
6.標高
7.走っきた場所を地図で残せる。
8.タイム
9.平均ペース
10.消費カロリー
11.約10秒おきで速度をあとで見ることができる。(秒単位分析)
12.心肺計測(230jモデルは別売りで可能)
13.ライフログ
14.体重管理
15.スマートフォン連携(メール通知機能や天気予報など)

などなど様々な走行中のデータを記録できます。

*データ画像例(インターネット上にデータは保管)

なのでやろうと思えばマラソン大会に出場しなくてもハーフやフルマラソン大会を1人でできてしまうくらいの多機能なので、レースでのペースをきちんとリアルタイムで知りたい方にはおすすめです。

ForeAthlete 230Jを買った理由

元々ForeAthlete 910tjxを持っていたのですが、なんせ昔のガーミンはGPSの受信能力が弱く、走り始めるまで最低でも1分、ひどいときは10分以上受信設定に時間がかかりました。しかし今は8秒くらいですぐランニングを開始できるので、無駄な時間がなくなっています。

 ForeAthlete 230JはGPS、ロシアの衛星GLONASS、みちびきの3測位受信となり、高いビルの近くでも安定した受信が可能。加速度計でGPSが受信できない環境でもスピード、距離、ピッチなどが計測可能となっています。

 また、ウルトラマラソン(佐呂間湖)などにも対応できるバッテリー稼働時間なので、購入しました。元々3万円くらいだったのが2万以下に値下げしたのも購買意欲が高まったというのもあり、コストパフォーマンスを考えれば市民ランナーレベルにとっては十分な多機能GPS腕時計です。

その他ランニング用ガーミンGPS用腕時計ラインナップ。どこで売っているの?

いわゆる登山やダイビング、ランニング用のGPS腕時計は普通の時計屋さんになかったりします。なので結構探すのが面倒だったので、売っているところをまとめておきます。

・通販サイト(商品一覧が出ます→アマゾン 楽天市場
・スポーツショップ(在庫が少なく、大型店でも10個くらいしかありませんでした。)
・ビックカメラ、ヨドバシカメラなどの大型電気屋さん
・大きめの時計屋

にあるので、実物を見てからネットでも価格を調べて、1番安い値段で買うのが賢い購入方法です。

最後に下記がガーミンのラインナップですので、参考にして見てください。

コメント