マレーシア航空予約時に打ち間違えた場合の対処法

航空券予約の時に打ち間違えた場合の対処法

このページはマレーシア航空の片道・往復航空券を予約する際、入力ミスをした場合の解決方法をまとめています。気になる方はブックマークしてご覧になると便利です。またミスをした方の体験談も記事下のコメント欄でお待ちしています。

こんな方に役立ちます。
・名前(スペルミス、苗字(性)と名前が逆、一字違いなど)
・パスポート番号
・性別
・国籍
・人数
・日程(時刻、出発日・到着日)
・電話番号
・座席(通路側・窓側)
・国籍
・メールアドレス
・生年月日
・年齢
・誕生日

などをインターネット予約で間違えた方は参考になる記事かと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マレーシア航空で間違えた場合の解決方法は大きく分けて2つ

大きく分けると旅行代理店と航空会社の予約になるので、以下に記載してます。

旅行代理店で予約した方はこちら

マレーシア航空を以下の旅行代理店で予約した方は下記のリンク先で問い合わせページ一覧を設けていますので、まずは問い合わせてみてください。

店舗一覧
楽天トラベル、日本旅行、JTB、エクスぺディア、スカイウィンドウ、J-TRIP、スカイチケット、マイナビトラベル、阪急交通社、JALパック、トラベリスト、スカイシー、エアトリ、サプライス、HIS、るるぶトラベル、ヤジキタ、イーツアー

[getpost id=”2169″]

マレーシア航空の公式ホームページで予約された方はこちら

マレーシア航空予約での入力ミスに関しては日本語でのアナウンスがなかったので、ここでは英語での返答を翻訳したものを参考にして解説したいと思います。

 例えば名前のスペルミスの場合、1文字から3文字の場合は無料、チケット発行後は1000円ちょっとの手数料、それ以上の文字数の訂正は150リンギット、日本円で約4000円ちょっとの手数料がかかるようです。

Name title amendment will be at NO FEE

Name correction for 1-3 characters is allowed for:-
1 character in the Last Name column and;
Maximum

2 characters in the First Name; Which would total up to a maximum of 3 characters (1+2)
Allowed before ticket issuance at no charge
Allowed after ticket issuance with a name correction fee of MYR50 or equivalent amount in other local currencies and charge MY GST where applicable
Name correction for above

3 characters or other than 1+2 characters as per item (a)
Allowed before ticket issuance at no charge
Allowed after ticket issuance with a name correction fee of MYR150 or equivalent amount in other local currencies OR charge the reissuance fee and charge MY GST (where applicable)

参照:https://mhcare.malaysiaairlines.com/faq/s/article/My-name-is-incorrect-on-my-booking-Do-I-need-to-pay-to-change-it?language=en_US

詳しいお問い合わせ先は以下のマレーシア航空公式サイトにてお願いします。訂正(変更)やキャンセルもこちらです。

マレーシア航空

また、余談ですが公式サイトの方が航空券が高いなんてことはよくあります。次にこの説明をします。

あなたの買った航空券は実は高いかも。

よくある勘違いは

「公式サイトで買うと1番航空券が安い」

というもの。

確かに手数料はないですが、最近では旅行代理店でも手数料なしのところがあり、下記の安い航空チケット取扱店で検索して探すともっとお得な旅行商品が見つかったりするのでぜひチェックしてみてください。

 また、実際に航空会社よりも安い値段が出た事例も掲載しておくので、こちらも参考にしてください。

[getpost id=”2227″]

[getpost id=”159″]

ただ、旅行代理店は正規割引航空券ではなく、格安航空券も存在するので返金不可という場合もあります。これは航空会社、特にLCCの公式サイトでも存在するので、航空券を予約する際は慎重に契約内容を見ておきましょう。

旅行グッズ特集

コメント

タイトルとURLをコピーしました