photo credit: manuelbierbauer fis ski world cup sölden via photopin (license)

5月末に全日本ナショナルスキーチームメンバーもある程度公表されましたが、昨日1日もフランスの方で2018−2019シーズンのナショナルスキーチームメンバーが発表されました。

スポンサーリンク

アルペン以外のメンバー

言語はフランス語になり、フランススキー連盟公式ホームページに移動します。

*公式ページはこちら

アルペンはこちら

さて、アルペンですが技術系とスピード系に分かれて公表されています。

男子:
Vitesse(スピード系)

CLAREY Johan Tignes (Savoie) – Douanes
GIEZENDANNER Blaise Chamonix (Mont-Blanc)
GIRAUD-MOINE Valentin DOUANES – Champsaur (Alpes Provence)
MERMILLOD-BLONDIN Thomas DOUANES – Le Grand-Bornand (Mont-Blanc)
MUZATON Maxence La Plagne (Savoie)
RAFFORT Nicolas Les Contamines (Mont-Blanc)
ROGER Brice ARMÉE / EMHM – La Plagne (Savoie)
THEAUX Adrien ARMÉE / EMHM – Val Thorens (Savoie)

Technique GS(大回転) – Polyvalents

FAIVRE Mathieu DOUANES – Isola 2000 (Côte d’Azur)
FANARA Thomas DOUANES – Praz sur Arly (Mont-Blanc)
MISSILLIER Steve ARMÉE / EMHM – Le Grand-Bornand (Mont-Blanc)
MUFFAT-JEANDET Victor DOUANES – Val d’Isère (Savoie)
PINTURAULT Alexis DOUANES – Courchevel (Savoie)
SARRAZIN Cyprien CO Devoluy (Alpes Provence)

Technique Slalom(回転)

GRANGE Jean-Baptiste Valloire (Savoie)
LIZEROUX Julien DOUANES – La Plagne (Savoie)
NOEL Clément Val d’Isère (Savoie)

*参照:http://www.ffs.fr/news/collectifs-nationaux-20182019-ski-alpin-hommes-53357

女子:
Vitesse(スピード系)

BAILET Margot Inter Club Nice (Côte d’Azur)
BARTHET Anne-Sophie ARMÉE/EMHM – Courchevel (Savoie)
GAUCHE Laura Tignes (Savoie)
GAUTHIER Tiffany Tignes (Savoie)
MIRADOLI Romane Inter Club Magland (Mont-Blanc)
PIOT Jennifer – L’Alpe d’Huez (Dauphiné)

Polyvalentes(多目的)

BARIOZ Taïna DOUANES – Courchevel (Savoie)
BAUD-MUGNIER Adeline DOUANES – Les Gets (Mont-Blanc)
FRASSE-SOMBET Coralie Chamrousse (Dauphiné)
WORLEY Tessa ARMÉE/EMHM – Le Grand Bornand (Mont-Blanc)

Technique(テクニカル)

NOENS Nastasia DOUANES – Inter Club Nice (Côte d’Azur)

参照:http://www.ffs.fr/news/collectifs-nationaux-20182019-ski-alpin-dames-53360

となっています。

上記はAチーム、つまりトップチームのみですがスラローム部門に33歳のグランジェ、そして38歳のリゼルーがなんと現役続行・・・。昨シーズンはW杯SLで15位以内を普通に連発していますから十分現役続行が考えられましたが、彼に限っては従来の欧米人の身体能力の凄さを遥かに超えたレベルではないかと思います。

*選手プロフィール:こちら

普通、スラロームという種目は30を過ぎたら徐々に成績が落ちるのが一般的でしたが、この調子でいくと

40代でW杯スラローム第1シード

という前代未聞の次元に突入しても不思議ではない状況です。

少なくとも38歳でリザルトの1枚目に来れるのであれば、40歳も十分可能なレベルでしょう。

女子の方ではスノーボードとスーパーGで平昌五輪金メダルを獲得したエステル・レデツカもいますから、アルペンスキーのトレーニングも日々進化し、新たな時代に入ってきている証拠ではないかと思います。

最新情報はこちら

ツイッターにてスキー、ブログ運営ノウハウ、ビジネスなどブログの新着情報や独自ノウハウを呟いてます。フェイスブックはロボットが新着情報を掲載する時期を決めるので、3日後に流れたりして問題も多いのでツイッターで見ることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう