アフィリエイトノウハウ3:SEOテンプレートは上位表示可能?選ぶコツとは?

アフィリエイトで稼ぐ方法とコツ

世の中にはSEOテンプレートまたはSEO対策済みテンプレートというものがありますが、基本ブログであればこれ自体が検索エンジン最適化していると言っても過言ではありません。

 ただ、売り上げを左右するレイアウトがあるのは事実であり、個人的にもかなり有料テンプレートを買いまくってきて、この記事を買いている現在は「Diver」で落ち着いています。

今回はアフィリエイトで収入を上げるコツをレイアウトの視点からちょっと解説したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よくある勘違い。アフィリエイトは売ることが仕事ではない。クリックされることが重要ということを念頭に戦略的に運営する。

よくあるアフィリエイト初心者の間違いとして

「売れる文章、売れるコンテンツ作成」

をしてしまう人がいます。

 これは間違っていないのですが、正直ブログでこれをやろうとすると魂を売ってしまうというか、結構しんどいです。必ずネタ切れになったり更新ができない状況に陥るでしょう。

 ブログはむしろ

好きなことを書いて儲けるビジネスモデル

で運営していったほうが長い目で継続できますし、継続したほうがドメインも強くなるので結果的にこれが最強のSEO対策となり、なおかつ読者も増えていくので結果的に売れるブログに徐々に化けていきます。

ただし、スタートというか、出だしがまず肝心なのでブログの内容は見込み客が常に増え続ける内容を中心に持っていくべきです。

売るのではなく、買う人または購入しそうな見込み客が来るコンテンツを中心に上げていく

売れるコンテンツを直接的に作成するのではなく、ごく自然に文章が次々生む仕組みを上げていくとブログからのアフィリエイト収益は発生しやすくなります。

 例えば、スポーツ用品を扱っているお店なら、普段スポーツ選手たちがチェックしたくなるコンテンツを用意したり、どの業界も「ノウハウ系」は読まれるし売れます。

 英検1級や2級を持ってる人なら、合格するまでの勉強ノウハウや参考書、辞書、英語アプリなどが売れるでしょうし、音楽であればプロになるまでの道や両手でピアノが弾ける最短ルートを教えてあげるなど、いろんなノウハウを提供し、楽器や楽譜などをアフィリエイトで売ることもできます。

 ノウハウ系ブログは常に検索され続けるテーマですし、検索する行為自体悩みを解決するマシンなので、SEOとは相性が良くなります。そしてツイッターやフェイスブックの登録ボタンが記事下にあると読者も増え、なおかつ音楽ブログなら音楽好きの関係者に拡散され、最終的には企業関係者まで見に来るのでちょっとした有名人になってまうわけです。

記事下にSNS登録ボタンがあるテンプレートがこれ

 私自身、20年前からスキー情報を提供してきてるので、日本代表の選手も知ってますし、いろんな業界関係者からも連絡が来たりします。これもブログのおかげですし、おかげさまでスキー業界では結構知られたブログとなり、SNSで商品リンクを流すだけで売れたりするので、

「人が喜んで継続して読むコンテンツとは何か?」

でブログ運営するとアフィリエイト収入に自然と直結する内容になります。

 なので、売れるタイトルタグとか、SEOを意識した文章とかはブログ初心者のうちはあまり気にせず、商売の根幹となる

「人を喜ばせ、なおかつ満足してもらうサービスをする」

ことを考えれば自然と売れるブログになります。

ブログと書くということは一種のサービスなんです。

SEOテンプレートでも売れ方が変わってくる。私が無料ブログを使わない理由

私がはてなブログやライブドアブログ、アメブロなどの無料ブログを使わない理由は単純に

・アフィリエイトができない
・売れる設計になっていない

ことが挙げられます。

 例えばグーグルアドセンスで収益を上げたいと思っている場合、記事中広告はかなり有効ですし、スマホ時代なら目を通すのがこの位置です。ですが、これに対応したワードプレステンプレートは決して多くはなく、私が過去に使ってきたテンプレくらいしかありません。(プログラミングの知識があり、カスタマイズすればできますが。)

 

また、記事上、中、下は全てカテゴリー別に最適化された広告を流したいので、ワードプレスを使っているということも挙げられます。

 ワードプレスはプラグインを使えば簡単にマラソンカテゴリーならランニング広告、英語勉強法カテゴリーなら英語の広告を流せてしまうので、アドセンスよりも強烈なアフィリエイトコンテンツ連動広告システムを構築できてしまいます。

「Diver」を使っている私のブログを見れば一目瞭然ですが、スキーカテゴリーブログノウハウカテゴリーではまったく広告が違いますよね?

 スキーカテゴリーではスキー関係のリンクカードがあってそちらに誘導してますし、ブログノウハウはまとめ記事にリンクを貼ってます。

 こうすることでリピーターが生まれ、SNS読者も増える仕組みが出来上がってるわけです。

 また、「Diver」は基本的な内部SEO施策もできるので、17800円とちょっとお高いですが、8つくらいテンプレが付いてきて複数サイトで使用できるのでお得だなーと思って買ったわけです。

 しかも、インフォトップでアフィリエイター登録しておけば、ダイバーをアフィリエイトで紹介することもできるので、元を取ることができるので「投資」として買ったわけです。

 他のWPテンプレでも上位表示は十分可能ですが、個人的にはただ上位表示を目指すのではなく、アフィリエイトで収益を上げたいのでお金を生む資産としてブログを成長させたいのでこういうワードプレスを使ったビジネスモデルで日々ブログを書いてるわけです。

 スマートフォン時代は特に記事の上、中、下3つのフリースペースは最低限あると収入アップになっていくので、これがあるテンプレートを選ぶと戦略的に運営できるのでおすすめです。

仮にアドセンスではなくとも、個別記事がそれぞれ上位表示すれば広告を自社販売できるので、アフィリエイト広告ではなくページ別にコンテンツ連動型広告枠を販売して儲けていく方法にシフトすることが可能です。

 うちのブログはむしろアフィリエイトではなく、そういった方向を目指しています。

アフィリエイトで売れるページは、必ず企業側から広告を貼ってほしい、うちの商品の広告を載せてほしいと来ますからね。過去に何度か商品をいただいたこともあります。

 個人ブログはこういった方向性の方が儲かるかもしれませんね。

コメント