多くの人が貧乏なのはお金にならない努力に時間を費やしてるから。

お金を稼ぐ・増やす方法

このページは多くの人がなぜお金に困ってるのか、所得が上がらないのかといった「お金に関する努力の仕方」について解説しています。

こんな人におすすめ
1.なぜお金持ちになれないのか、所得が上がらないのかという理由がわかる。

2.お金に限らず、いくら努力をしても結果が出せないという人の問題点を洗い出し、結果の出る人との違いについて解説。

3.なぜ貧乏なのか、いくら勉強してもお金持ちになれないのかという問題が解決する(はず)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ多くの人は「結果」が出ないのか?そしてお金に困るのか?

お金に限らず、スポーツや勉強、仕事など「結果」を出すためにはある程度の努力が必要です。また、100億円稼ぐことと1億円、1000万円でも山の高さが違うので努力の仕方も異なってきます。

 スポーツで言えばインターハイ出場を目指すのか、日本代表入りを目指すのかの違いであり、勉強なら東京大学と地方の私立大学の違いといったところです。それぞれの目標はそれなりの努力や工夫が必要であり、人ぞれぞれ変わってきます。

 ここでは所得を上げることに関してフォーカスしていきますが、この考え方はどの分野でも当てはまるので、

これ以上、なんの努力をすればいいんだ!全然結果が出ないじゃないか!

と悩んでる方は、今一度自分がなぜ結果が出せないのか、お金持ちになれないのかをきちんと検証しましょう。

正しい努力をしてる人は以下のようなグラフの人生になっている。

まず下記のグラフをご覧ください。

 正しい努力をしている人のグラフはこんな感じです。二次関数とまではいきませんが、ほぼ二次関数的な線を描いた人生になります。

最初は誰でも初心者です。お金はもちろん、ビジネス(商売)、勉強、スポーツも同じです。

 努力量が足りないのですから、当然結果は出てきません。そして人はトレーニングをすることで徐々に力を付けていきます。筋トレと一緒です。

 そして時間が経つにつれ結果が徐々に出て、ある地点に来るとブレイクスルーを迎え、急上昇する時があります。

何か物事を達成したことのある方はこんな感じで成長するのですが、多くの人はこういったグラフにはならず、

人生死ぬまで低空飛行

という人があまりにも多いのです。

 なぜか?

答えは簡単で、多くの人は

継続ができないから

です。

 貯金、ダイエット、運動、食事、勉強など1日5分、10分だけでも継続できない人があまりにも多すぎます。

 例えば私は家で筋力トレーニングをするためマットや重りなどがある専用部屋がありますが、どんなに忙しい日でも3分×2セットの追い込み筋力トレーニング(サーキットトレーニング)をします。

 わずか6分ですが、ウエイトトレーニングよりもずっときつく、15秒の休息だけ入れ、連続で5〜6種目くらいやるので6分で筋肉が限界に達します。

 このわずか6分すらできない人が世の中にたくさんいるわけで、肥満や体脂肪などに悩む人は非常に多いのです。

 また、お金に関しても1日最低30分を設け、時間がない日も30分で3000文字くらいをブログに書いてしまい、どんどんブログが資産化してお金が増えるよう日々財産が蓄積しています。

 結果の出ない人、特に所得が上がらない人の最大の原因は継続できないこと、そして

お金にならないことに時間をたくさん使っているだけ

というとてもシンプルなことなのです。

なぜ1日24時間で所得格差がこんなに起きるのか?金持ちと貧乏の違いはこれだけ。

単純な話なので、貧乏な人とお金持ちの行動の違いを以下にまとめておきます。

貧乏な人の行動パターン
1.何もしない

2.誰かに依存しており、自分は一切しない。

3.会社に依存してばかりいる。労働時間や給料に不満があれば文句ばかり言う。(会社依存症)

4.とにかくネガティブな言葉ばかり言う(暴言、パワハラなど理性に欠けた行動をする)

5.全部ではないがパチンコや競馬などのギャンブルが好き

6.短気が多いので、すぐ諦める人も多い。(スポーツに打ち込んでいた人に多い傾向あり。勝負事が好きな感じの人いますよね)

7.消費ばかりしてお金になる行動は一切せず、財布にお金を入れてくれる資産が一切ない。

8.勉強がとにかく嫌い 

 
一方、お金持ちは真逆の人生を送ってます。

お金持ちの行動パターン
1.継続ができる。または継続できる工夫をしている。(工夫は努力ではないです。苦しくもないので)

2.上記のグラフを頭に入れ、結果、つまり数字に変化が出ないときは軌道修正をし、試行錯誤をする。

3.とにかく諦めない精神力がある。諦めたとしても手法を諦めるのであり、別の投資に時間を費やし目標に向かって進む。

4.精神的に安定している人が多い。

5.テレビなどはほとんど見ない。逆に読書に時間を費やす。(テレビ番組のほとんどは暇つぶし系しかないから。むしろ消費を促す流れになっている)

6.四六時中、目標達成のための行動しかとらない。

7.自分で決めたルーティンは必ず守る(例:筋トレとかジョギング、食事の時間、貯金など)

大富豪だろうが、貧乏人だろうが時間だけは平等。単に使い方が違うだけ。

下記の写真は世界一のお金持ちとなったアマゾンの創業者、ジェフ・ベゾス氏の1999年の写真です。

皆さんと同じような生活してませんか?

 ですが、やってる内容が違うわけです。

 あと、剛力彩芽さんとの関係や月旅行を買ったことで賛否あるZOZOTOWN創業者の前澤友作さんですが、一見エンターテイナーな人なんですが彼が創業したのはいつだか知ってますか?

1995年

なんです。

 つまり、月旅行の権利を買うまでに23年もかかってるわけです。

 「価値を作る」とは時間がかかるものです。

 ですが、多くの人はすぐに挫折します。

 なので、多く人が挫折していくので、時間をかけて作り上げたものを持ってる人はいつの時代も強いのです。

 お金とは信用の証でもあり、収入はほとんどの場合人間力と比例します。

お金持ちが素晴らしいとは言いませんが、努力をした結果、自由でお金に余裕のある人生を送るのは決して悪いことではないと私は考えていますし。だから世界のほとんどの国は資本主義社会になったのだと思います。

あなたはどんな人生を歩みたいですか?

コメント